2018年01月15日

体で覚える

先日の稽古で注意された、基本的なこと。

それらは、実は、全く出来ないわけではなくて、
注意された後の基本打ちの稽古の時には、まあ出来ているのです。(というのも、その時には、先生より、「ああ、いいですよ。そうやって、いつも打って下さいね。」と言われますので)
ただ、それが相手と対戦するとなると、必ず出来るわけではなくなってしまいます。

つまり、無意識下では出来ないということで……

先生方や剣道の選手たちが、面を打つ際に、
いちいち『左手で打つ』だの『膕を伸ばす』だのと意識してはいないだろうと思うのです。
(でも、今の私は、いつもそういう意識で頭がいっぱいな状態です。)

それでは、攻めなんて夢のまた夢……

だから、そういった基本的な形?みたいなものは無意識下で出来るようにならないといけないんでしょうね。つまり、『自転車に乗る』とかみたいな手続き記憶にならないと。
手続き記憶というのは、同じような経験を繰り返すことで獲得されるもの。まさに、体で覚えるというあれですね。

そのためには、もう繰り返し練習すること。数を重ねることが必要なんですね。

だから、やっぱり、毎日素振りしたほうがいいんでしょう、きっと。

でも、朝寒いんですよね〜〜😓(武士道が聞いて呆れる……)

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加
剣心一女 at 06:35|PermalinkComments(0)