稽古ってやっぱりいいもんですね〜昔ながらの腹筋運動は無意味!?

2018年07月31日

ヒールストライク? or フォアフット?(1)

効率の良い動きを考える流れで、
効率の良い走り方を考えてみました。

効率の良い走り?

疲れず、かつ、速さ・距離を追求できる走りということ?

まあ無駄に上下・左右運動をしないのは当然として、
一度の着地で、出来るだけ遠くまで距離が稼げる走り方でしょうか? 

とすると、
身体が宙に浮いている時は何も作用させることはできないのだから、
着地の際には、かかとから着き、
最後、つま先が地面を離れる時に、
つま先で、グイッと地面を押せばいいのでしょうか?

仮説が浮かんだら、即実験。

一歩一歩、かかと→つま先、かかと→つま先 と、
足裏のエネルギー(?)を地面に伝えて……
と走ってみました。

結果としましては。


めちゃくちゃ疲れました😓

ふくらはぎがパンパンです😱

…………


あれえ?
違うんでしょうか?

とすると?
とすると?

う〜ん。
考えているだけでは埒があきそうにありません。

何か文献に当たらねば。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 

このエントリーをはてなブックマークに追加
剣心一女 at 23:36│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
稽古ってやっぱりいいもんですね〜昔ながらの腹筋運動は無意味!?