2018年09月

2018年09月27日

自分を信じる

稽古に行ってきました。

あ、同レベルの人相手の稽古は、
残念ながら、都合がつかず行けていません😓

稽古前に掲げた目標は、

五感で感じる剣道をすること

前にも書いたかもしれませんが、
髙鍋先生が面を打つときに、
「左手。左手。」
などと意識しているはずがないし、
ブルース・リーが蹴りを放つときに、
「腰!腰!」
などと思っているわけがないので、
私も、お相手にのみ意識を集中して、
『考えるのでなく、感じて』動くことを目指そうと思いました。


さて、行ってみると、
今日は、いつもいらっしゃる先生方が、
ほとんどお休みでした。

なので、日頃あまりみていただいていない先生方と稽古。

ところが、結論から言ってしまうと、
いつも自分がこうと思っていることと真逆のことを、
最初の先生にご指導されてしまい、
何だかわけがわからなくなってしまいました。
その後二人の先生に稽古していただきましたが、
ことごとく注意されてしまうという結果に😥

もちろん、最初の先生のせいではありません。
つまりは、自分の剣道というものが
しっかりない証なのでしょうね。
もっと、いつも積み重ねていることを、
自分のことを信じないといけないのでしょう。

ただ、いつもみたいにごちゃごちゃ考えず、
感じて動いたつもりではあります。
だからかな?
「足!」だの「左手!」だのとは言われませんでした。

それ以前の問題……
ではなかったと思いたいです……😅

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
剣心一女 at 09:33|PermalinkComments(0)